スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
まだまだ職人します
- 2011/03/08(Tue) -
エナちゃんがブログで、今後の制作について触れていますね~~。

私は。。。といえば。。。




まぁ~~ アイデアだけは洪水のように降ってきますよ~~。

それを形にするだけ。  するだけなんだけど~~!!

どうやったらいいのか。   から試行錯誤しております。



まず、しっかりと木と向き合うこと。


今までよりも、さらに深いところで木ともつながって
エネルギーの意思を読んで行きたいと思います。
で、石と掛け合わせるかもしれないし、必要がなければ木だけのワンド。
というのも出てくるかもね~~。


せっかくの手元に来てくれた木なので、
石との融合性。
それから全体のバランスなどチェックしながら作り上げて行きたいと思います。

そして、ワンドをお嫁にやってからわかったことなのですが、
持ち手が現れると、持ち手といっしょにワンドも成長します。
その過程において、ワンドの石が取れたり、割れたり。。。することがあるようです。
ワンドを送り返していただいて、メンテナンスいたしますが、
お互いが成長しているので、リーディングさせてもらうと全く違う形になりたがる子
いるようなんです。
その場合には持ち手さんと相談して、ワンドも成長させていきたいと思います。

その作業が、ワンドの成長を見るようで、本当に楽しい♪


そういえば、以前友人がこんな風に言いました。

「ひかりんのワンドにはひかりん色がない」

褒め言葉だと思います。^^
何かを製作するときにね、その人の色というか、パターンというか。。。があるようなのですが、
私の作品にはそれがない。って言うんです。
よく言うと、とっても個性的。
だから一目見て「これはひかりんの作品」っていう感じじゃないんだそうです。

なるほど。。。

私の中には使ってはいけない素材はひとつもなくて、
ワンドの指示の通り装飾していくから。。。なのかもしれません。
私の好みで作ろうとすると、すごい抵抗して形にしてくれないんだもん(笑)
愛炎なんて、首根っこからボキッて折れてしまうしね!!
びっくりだよ。

いい。とか、悪い。ではなくて、
作り手の色を感じさせないほど個性的☆ということで。^^



そんなこんなで、職人への道をまい進する日々だったりします。^^


ありがとう!


関連記事
この記事のURL | 石たちのお話 | CM(0) | ▲ top
<<花粉が飛んでいる。。。 | メイン | 羅針盤を磨こう メルローザのお茶会♪>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。