スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ワンド物語 ~おひさまワンド~
- 2011/01/12(Wed) -
おひさまのような ぽかぽかなワンドができあがりました~♪

使ってみると、石の配置のせいか、エネルギーがホワンホワンと
放射線状にじわじわ広がっていきます。














お部屋の浄化、場の浄化。。。

凍えている心にもとても心地よいワンドでしょうねぇ~。




持ち手のところの水晶にはガビガビとレインボーが♪






レインボーは写せなかった(笑)

本物を是非ご覧くださいませ♪

とても温かくてやわらかい素敵な虹です。



戦いを捨てた、癒しのエネルギー。







*************

ドラゴンクーリーのひとりごと






空を飛ぶのは息をするのと同じ。とてもたやすい。



ずっと一人で飛んでいた私は、あの子を乗せて飛ぶときにもそのやり方を変えなかった。






人間というのはあまりにも小さくて傷つきやすい。



それをわかっていながらもわしは自分の好奇心を抑えられなかった。



わしもまだまだ子供だった。。。ということだ。はははは。










「クーリ!!! いつも言ってるでしょ!



 急降下するときには言ってくれないと!! 私落ちちゃう!!」





赤毛の長い髪をみつあみに束ねて、ぎゅっとわしに掴まりながら怒ってどなる



愛しい子の顔を見ても、わしはいつも笑うばかりだった。



そう、あの頃は一緒に居るのが楽しくて、「いとおしい」という感情すら持ち合わせていなかった。



わしらは、「仲良し」だった。



いつも一緒に空を飛び、どこへでも突っ込んだ。



わしのあまりにも強い好奇心に 愛しい子はいつも背中で慌てふためいて怒っていたもんだ。




「クーリー! 水に飛び込むときは教えてよ!! 



 私、たくさん水を飲んじゃう!!」



「ハハハハ! 大丈夫大丈夫」



そう言ってわしは笑っていたが、本当に苦しかったのかもしれない。



長い長いときを超え、やっと出会えた愛しい子に、今でも怒られているのだから。。。。

関連記事
この記事のURL | ドラゴン・龍 | CM(1) | ▲ top
<<ドラゴンフェスティバル 詳細☆ 追記あり | メイン | ワンド物語 ~ シャーマンワンド ~>>
コメント
- -
何度見ても、『おひめさまワンド』って読んでしまいますv-28


ふんわりと優しくそよいでるような、羽の流れ具合が好きですv-238
2011/01/14 16:03  | URL | TAKAKO #wXqYE0t.[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。