スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
やりたいって言っていいんだよ 補足
- 2010/08/31(Tue) -
前回の記事にコメントありがとうございます。

月末でバタバタするので、お返事の先に補足を少し。

週末のお話もあと写真を入れるのみ♪ ちょっと待っててね。

コメントに、「ブロックをはずす」という文言を書いてくれた方がいらっしゃいますね。

ふふふ。 これもひとつのブロックですね。^^



あはは。pyoさんが同じテーマで記事を書かれています。

だからこの補足記事、急いで書かなくちゃ!って気持ちになったんだ。(笑)

「可能性。自由を得る。」 pyo’s room 






NLPではこのような現象を 「思考の癖」という言い方をします。





「お風呂で体を洗うときにどこから洗う?」って聞かれたら、、、、


即答できますか?




ほとんどの人が、自分がお風呂に入っているときを想像して。。。お返事してくれるんじゃないかな?

中には、ジェスチャー入りで普段の流れを確認してくれる人もいるかな?(笑)



そう。体を洗うという行為はしっかりできているものの、どこから。。。と問われると

それはもう、無意識に行っているものなので、考えながらしている行動じゃないんですよね。

「思考の癖」も同じく、無意識に行っている行動です。


無意識の行動。 

私達は日常生活の中で案外たくさん行動しているんです。

自転車に乗るのもそうだし。。。朝起きて。。。出かけるまでの行動にもパターンがありますね。



今回のお話の場合、

やりたいことを目の前にして、やれない理由を先に探してしまう

そんな思考の癖を持った人が共感してくれたんだと思います。

そう。 癖  は直せますよね?



<入口>                     <出口>

やりたいこと → 行動 → 行動 → 行動  →  やりたいことが叶う



というプロセスがあるとしたとき、この「行動」を点検してあげればいいんです。

入口と出口の間の行動を変えることで、より良い出口に出ることが出来るんですね♪




今までは、


<入口>                                <出口>

やりたいこと→ できない理由探し → 行動を起こさないという選択  →  叶わない


あららら。。。叶わないという出口に出ちゃいました。 

叶うという出口を探してみましょう。

私が、叶うという出口に出られた方法を、ひとつ例に挙げてみると。。。

<入口>

やりたいこと → やると宣言 → 今できることを行動         <出口>

                → 人に話す → 協力者が現れる → 叶う


こんなひとつのパターンがあることに気づきましたよ~~。^^




ロールプレイングゲームで、トラップの扉にはまってしまって、
そこばかりを押してみたり。。。引いてみたり。。。
あ~~!もうここから出られない!!

ってなったとき、どうします??

一旦、その扉から離れて、

部屋の中の本当の扉を探すため今度は違う場所を探しますよね。


ただそれだけのことです。^^

探すことをあきらめなければ、自分の望む出口が必ずみつかるはずですね。




あ、簡単に補足。。。って言いながら、長くなっちゃった。ごめん。









さぁ、そんな考え方のNLPのセッションなら♪

「ハピネスツリーセッション」
関連記事
この記事のURL | NLP | CM(0) | ▲ top
<<ちょんさんのクレイコスメ講座 | メイン | 「やりたい」って言っていいんだよ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。