スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
うらやましい病に処方する薬
- 2010/07/23(Fri) -
猛暑ですねぇ~~☆

職場のクーラーが効かなくて汗だくで仕事しております(悲)


職場では、私が最近取っている、サプリやドリンクを夏ばて防止策として
取り入れるようになっています。
冷たいものの取り過ぎでビタミンバランスが崩れたり、馬力が出なかったり
するようなので、みんなに飲んでもらっています。
外に出る営業さんには特にてきめんで、「体がすごく楽だ。」
とびっくりされています。よかったよかった♪


ところで。。。

ときどき「うらやましい病」にかかるときってありませんか??





あ~~あの人は、なんであんなに良い席をゲットできるんだろう??

あ~~あの人は、いいなぁ~~。あんなに素敵な石を持ってる。

あ~あの人はいいなぁ。みんなの人気者で。

あ~ etc.etc.

その辺でぐるぐるぐるぐる。。。。



おめでとうございます!

あなたは引き寄せの達人です☆



上記の思考にはある「前提」が隠されています。


あ~~あの人は、なんであんなに良い席をゲットできるんだろう??

  私には良い席をゲットすることは出来ない。

あ~~あの人は、いいなぁ~~。あんなに素敵な石を持ってる。  
  
  私はあんなに素敵な石を持っていない。

あ~あの人はいいなぁ。みんなの人気者で。  

  私は人気者じゃない。


この「前提」に従って、潜在意識が 「できない」「持っていない」あなたを作ってくれているんですね。

ほら~~。ちゃんと自分で引き寄せたものじゃないですか♪



そろそろ、眉間がってなっています??(笑)





いやいや。原因がわかれば対処も出来るってもんです。




いいなぁ~~、うらやましいなぁ~~という気持を持つことはよくあることです。

その気持を責めるのではなくて、その先を見てみましょう。

その広げ方がキーポイントです。

そのままネガティブに広げるか、

ポジティブに広げるか。。。

大切な「選択の分かれ道」です


ネガティブに広げた場合、

何で私はできないのに、あなたは!!! 

うらやましぃ!! キィーー!!


怒りや、恨みの気持を増幅してしまいかねません。

気づかないうちに、相手へ負のエネルギーを送り込んでしまう。

そんなことが起りえます。

これはね~~、受けるほうとしては非常に痛いらしいですよ。

エネルギーの法則に従うと、

気づかないとはいえ、そんなことをしていたら、

全ては自分に返ってきてしまいますからね~~。

ますます悪循環ループ。







どうせ広げるのなら、自分にとって良い変化を起こせるよう、意識をチェンジしてみましょ♪


前提を「出来る」にチェンジしちゃえばいいんですよ!

あ~~あの人は、なんであんなに良い席をゲットできるんだろう??

  もしかしたら、コツがあるかもしれない。それを聞いてみよう。
  自分が良い席に座った時どんな気持がするだろう?? 


あ~~あの人は、いいなぁ~~。あんなに素敵な石を持ってる。  
  
  いいなぁ~~。私にあんな素敵な石が手に入ったら、どんな風に使って、どこへつけていこう?

あ~あの人はいいなぁ。みんなの人気者で。  

  いいなぁ~~。あの人の素敵なところを真似してみたら、自分も人気者になれるかしら?




どうでしょう?? 全て、自分が手に入ることが、できることが前提の思考に変えてみました。

「ステージの有名人の汗が飛んでくるくらい近い距離の席をゲットするのね!」

「素敵な石を手に入れて、あんなところへ行きたいのね」

「輝いている人になりたいのね」

潜在意識はコマンドを受けて、こう解釈してくれます。


そう。繰り返しますが、あなたたちは 引き寄せの達人です。

きちんとしたコマンドさせ出せれば、

潜在意識はしっかりと「実行」してくれます。


自分の未来を、素敵な色に彩る選択をしていきましょうねぇ~~♪



久々イベント!

龍が運ぶ光の珠をゲットしよう
         はぴらきあんてなへGO!

ちょんさんの手作りクレイコスメ講座 詳細はこちらから



関連記事
この記事のURL | NLP | CM(0) | ▲ top
<<新しいステップへ | メイン | デートとイベント>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。