FC2ブログ
マロウとマリアさま
- 2009/06/30(Tue) -
マロウのお話続編です。

マロウの近況

マロウのお仕事



私としたことが、お仕事中にふと繋がってしまってイメージの洪水!!

ヤベッ ヤベッ!!

と思っていたら、銀行へ行く用事が。しかもちょっと遠い銀行♪
ここぞとばかりに外に出る。
(外に出て、会議すればいっか♪)なんて軽く考えていたんだけど。。。


------------------------

森の中、急作りの会議テーブルが現れる。
私の右隣にリック。左隣にマロウ・・・。のはずが
小さい子達を面倒見ながらだからろくに座っていない(爆)

お茶を飲みながら話を始める。

よくみると、小さい子ばかり。
その中でも、ペガサスとか、天狗とか。。リーダーになれそうな子が数名。
みんな、私が話し出すのをキラキラする瞳で待っている。
(いや~~ん♪そんなお目目で見られたら眩しいよぉ~~☆)
ひとり萌え萌え~~な私。

「ごほん」とリックの咳払いで我に返る。

「あ、ひかりです。みんなよろしくね~~~」

おおお~~~!!しゃべったーーー!!!って感じにどよめく(笑)

やりずらい・・・。(汗)

-----------------------



話をしながら、本体の私は銀行へ向かって歩いていた。
いつも通っている道なのに、今日始めて目に留まった絵。
小学校にある壁画なんだけど。私の中で今回のプロジェクトはこんなイメージ。




おおお~~~~。こんな所に「絵」まであるよ!
上の計画の一部だな。 そんな風に感じ始めて、ちょっと気を引き締める。


---------------------------


上では、リーダーが数名決まって、各チームのメンバーわけが行われていた。
○種を育てて、運べるように作るもの
○本番時に、つつがなく渡せるよう準備するもの
○実際に飛んで運ぶもの

すべての子供達の統括がマロウ。
成長を促す唄をリック。

そんな形に仕上がりつつあった。

---------------------



で、本体の私は銀行につき、お仕事お仕事。

ん? ふとBGMが耳に入る。

「アベマリア」http://www.youtube.com/watch?v=iy3XJ9yDfD8

そういえば・・・このところ、気がつくとアベマリアが聞こえる気が・・・。
そういえば・・・マロウのアピールと同じ時期・・・・。

「フフフフ~♪」

はっ?!  ようやく気づいたのね~てな感じの笑いは誰?!




・・・・どなたか女神様が浮かんでおられる~~~(滝汗)



「フフフフ~~♪」


「・・・・・・・・」


ここまでアピールされて、聞かないわけにはいかないですよね?



「あの。。。?」



「マリア」  えらい流暢な英語で。(そりゃそうだ)


「あの・・・。キリストのお母さんのマリアさん?」

「maria。」 ニッコリ微笑む。



ええええええええええええええええ?

何で??
動揺した私は、英語のできる友人に電話をかけて(銀行からの帰り道よ♪)
「アベマリアって唄の歌詞は、どんな意味?」
「キリストのお母さんであるマリアを讃える歌じゃないの?」
「やっぱり・・・・。ありがと。」
きっと友人はわけがわからず「???」でしょう。


まぁ、いつもの事だけど(爆)





しょうがないので話を聞くことにする。

「今回のプロジェクトにあなたも参加されるのですか?」

「yes。」

そういえば、何故かずっと音が英語のようだった。
私が理解できるんだから英語ではないのかもしれないけど・・・。

受取ったイメージだと、小さい子ばかりなので、マリアさんが
サポートしてくれるんだそうだ。
迷子にならないように。その先での礼儀作法などなど。
要するに、保母さんを志願してくれたんだそうだ。

うええええ?? 何故あなたが??

「私の力もはぐぐむ力」 というお返事。

今回のプロジェクトは、とことん「はぐくむ」がテーマのようだ。

まぁ、マロウ一人であのチビッコたちを見るのは大変だし、
私は祈りの最中は、そっちに気を取られるわけにはいかないから
ありがたくお手伝いしてもらおう。



-----------------------------

で、森の会議室にマリアさんが合流。

まぶしぃ~~~♪

このかた、マスターだろうけど、女神チックだなぁ。


気がついたら、アーシャスも登場。
ニヤニヤ笑ってる。

「手伝いは必要か??」 と言いながら見せてくれたヴィジョンは
ものすごい大群の天狗の軍隊みたいなやつ。
あ~。そっか。アーシャスって「式神」使えるから、軍隊チックなんだなぁ。
これだけの規模だったら、すぐに種配れちゃうなぁ(笑)

でもだめだ。 種の扱いがぞんざい過ぎる。
上からバーーーットシャワーのように撒けばいいというもんじゃない。
必要とあらば、一個一個をしっかり埋める所までやらなくちゃいけない。
それには子供達の素直な「大切に。大きく育ちますように。」という思いも必要なんだ。
子供達。やる~~

ということで丁寧にお断り。
しかも、このプロジェクトは、このチビちゃん達の成長のためのものでもある。



なんなんだろう?壮大な計画になってきたなぁ。
マロウ??
見ると、マロウはマリアさまにうっとり~~(爆)

花なんかあげちゃってるよ!!
どっから摘んできたんだ?!



まったく・・・自覚あるのかね?(笑)



リーダーが数名決まって、各チームのメンバーわけが確定。
全部で50チームくらい。
○種を育てて、運べるように作るもの
○本番時に、つつがなく渡せるよう準備するもの
○実際に飛んで運ぶもの

すべての子供達の統括がマロウ。(大丈夫か??)
子供達について回ってくれるマリアさま。(あなたが頼りです!)
成長を促す唄をリック。
万が一、迷子が出ちゃった場合、行った先で何かトラブルがあった場合のフォローにアーシャス(の式神?)。

そんな図式が出来上がった。



その夜から、「種まきプロジェクト」発動です☆


ほんまかいな?(笑)


関連記事
この記事のURL | スピリチュアル | CM(2) | ▲ top
<<マロウと新芽 | メイン | マロウのお仕事>>
コメント
- No title -
いいですね~。
種まきプロジェクト。
地球にすてきな育みのちからが
ふりまかれるんですね♪
2009/07/02 00:17  | URL | しっとり #AEEqGkRA[ 編集] |  ▲ top

- お返事です。 -
v-22しっとりさんへ
お返事遅くなってごめんなさい。

はい。
頑張っています。
たくさんのパワアニちゃんたちが
どんどん成長していく様は
とってもキラキラしていますよ!
2009/07/06 21:59  | URL | 勇者ひかり #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |