FC2ブログ
澄んだ瞳 2
- 2008/10/24(Fri) -
ルカさんの言葉が引き金となって

なんだか不思議な景色が見えちゃった私
その時の私の視界は、ルカさんと思われる女性・・・少女をやっと卒業したばかりくらい。
その彼女の目だった。

それがいつなのか、どうゆうシチュエーションなのか・・・探っていくために
自分の視点を展開してみる。

とても真摯な瞳にズームしていたものを、もう少しひいてみてみる。
女性の顔が見えてくる・・・着ているものも・・・
私たちの立っている場所も・・・。
自分自身がどんな姿なのかだけは見えない。
人なのか・・・人ではないのか。

「地球と一緒に滅びるわ」

っていう彼女の言葉に、私自身は感動している。
その潔さに感動するものの、一緒に連れて帰りたいという強い気持ち。

連れて帰りたい・・・??

おなじ場所に立っているのに、何故か他人事のような・・・。


「ひかりさん、わたしより背が高くて。。。ガリレオガリレイみたいなおじさんに見える。」

なるほど。。一応人間の姿なんだな。
でも・・・私、人間じゃない。この姿を借りているだけ。


ええええ~~?? なんか話の展開がおかしくないか??(笑)

こんな感じに二人で検証して見えた景色は


私たち二人は、小高い丘の上にたって町を見下ろしていた。
白い壁にオレンジ色の屋根屋根が、傾斜に沿って並んでたち
その日の真っ青な空とのグラデーションが非常に綺麗だった。
そんな気持ちの良い景色なのに、心は少しも弾まない。

この時期、私は、たくさんの人々に会い、おなじ質問をしてきた。
「さて、君の選択を聞こう」
それぞれの選択を受けて、動くのだ。
宇宙船に帰るもの。自分の星に帰るもの。期限を決めて戻るもの。
ずっとずっと上から見守っていたんだ。
それがこんなことになるなんて・・・。これは・・・失敗なのか・・・??

どんな風に選択しても、肉体を離れるだけで、ただひとつの通過点だ。
その点で心が痛むことはない。
私は任務を全うするだけなのだから。


娘は、白くてながいローブのようなものをまとい、風で長い髪がたなびく。
いとおしそうな目で町を見つめる。

「私、地球と一緒に行くわ」

そう。そう答えることはわかっていた。
愛しい娘よ。
きみはそんな目をして、きっぱりと言うんだね。
どんなに一緒に連れて行きたいと思っても、それは君の選択だ。
そこにはなにものも介入できない。

最後まで・・・最後まで見守ろう。
これまでもずっとそうしていたように・・・。
そう。それが私の選択だ。




この場所がどこなのか・・・私にはわかりません。
ルカさんは、「レムリアじゃないかなぁ~」と言ってますが・・・。
星の記憶かもしれないし、特定の場所の記憶かもしれない。
そこまでは検証できませんでした。
確かめようもないので、ぶっちゃけどこでもいいんですけどね。^^


それにしても、こんな風に、リアルで飛んでいっちゃうなんて(笑)
はじめてのことで、長い長い夢から覚めたような・・・。
不思議な感覚でした。
夢で過去世みたいのを見たことはありますが、これは普通のレストランで、
しっかり目も覚めていて。。。というシチュエーション。
心の中は「えええっ~~~?? マジかよっ??」とびびりまくり。
こんな風に見せられたら・・・信じないわけにいきませんねぇ(笑)

私・・・やっぱり宇宙人だったみたいです。
今で言うと、人事担当。みたいな(笑)

ただ、見守るしかない立場も、結構辛かったです。
体を持って、自分の意思がしっかりと反映される。
自分であることって、やっぱり素敵

「わしらの苦労がわかるじゃろ?かっかっかっ。」

男爵が笑います。

男爵たちが私達をどんな風に見守ってくれているのかも
切ないほどわかったよ。

いつも本当にありがとう

そんな不思議な出来事でした





さて、ルカさんと会ったときに、作ってもらったブレス。
そのお話もしなくっちゃ♪


みなさんにも、そうやって見守ってくれる存在が
いるんですよぉ♪
関連記事
この記事のURL | スピリチュアル | CM(4) | ▲ top
<<水都輝さんのご感想 | メイン | 澄んだ瞳>>
コメント
- -
お二人の、どちらのお気持ちも分かる気がします。
実は私も、いつのころからか唐突に「地球最後の日は、ここで一緒に滅びたい。」と思っていました。
それが最近は「今度は一緒に~」に変わっていったので、どうも前回?は皆と一緒に逃げ延びたようで、そのことを悔いているみたいでした。
でも本人はまったくそのことを覚えていなくて不思議だったんですが、ひかりさんとルカさんの記事を読んで、納得しました。
シェアして下さって、ありがとうございました。
2008/10/25 21:39  | URL | riecya #-[ 編集] |  ▲ top

- 物語の様に・・・ -
ひかりさんの話す場面場面が、全て映画かアニメでも見るように
頭の中でスムーズに描かれ引き込まれました。
普通に受け止めてそれを観ている私が居ました(^-^*)
そうだったんですねえ、ひかりさんとルカさん・・・
お話、ありがとうございましたv-22v-352

2008/10/26 12:08  | URL | のりにゃん #TY.N/4k.[ 編集] |  ▲ top

- -
ひかりさん、男爵たちの立場にいたんだね~(^^*

コメントお返事ありがとうございます。
記憶はないけど、お天気はわりと当たりますょ(^^v
ブレスの組み直し、いいかも~☆
2008/10/27 12:13  | URL | そら #-[ 編集] |  ▲ top

- -
i-266riecyaさんへ
一緒に滅べなかった自分を悔いているなんて
切ないですね。

今度・・・って、そうならないように
希望を持ちましょうね♪

i-266のりにゃんさんへ
私も、同じに、映画でも見ているようでしたよ。^^
色々な立場の人がいますね。

i-266そらさんへ
そうですねぇ。
それでも、宇宙人だから、男爵たちの気持ちとは
また違うかもしれませんけど・・・。
それぞれの選択とはいえ、切ないですね。

おお~。だよねぇ~~!
そうだったそうだった!^^
ブレスは、ちょっと思案中です。
2008/10/27 13:33  | URL | 勇者ひかり #GaU3vP2.[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |