スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
信じる強さ
- 2008/05/26(Mon) -
なにがどうなって

「妄想かも」と思ったのか その辺のことはよくわからなくて

急に「全てが妄想だったらどうしよう」って思考が入り込んできました。

そして「いままで受け取っていたものは全て妄想だったの・・・??」


実は、私、こうなるまで、まったく後ろの声に疑いを持った事がありませんでした。

(まったく・・・というと言いすぎがあるかもしれませんが)

「あれ?私うまく拾えているかな??」とおもいつつも、 まぁいっか。

ってもらった言葉をそのまま受け止めていました。




子供みたいに、聞こえるものは全て信じ込んでいたんです。

疑う余地がなかったというか・・・。


石の声を拾うのは苦手なんですけど、それ以外はほとんど全くの無防備で信じちゃっていました。





今回の件でよくわかったことや、勉強になったことがたくさんあります。

○「妄想かも」って疑うと、本当につながれなくなってしまうこと。

○すごく怖かったのは「他人からの評価」

わかる人にはわかってたんだろうなぁ~とか、うそつき呼ばわりされたら嫌だな。とか。

人の評価に縛られている自分を発見しました。

○本当かな?って疑う心って言うのはこうゆうものなのかぁ~ってわかったこと。






理由はわからないけれど、自分が信じられない。

という状態は非常に恐ろしいことでした。

何を信じたらいいのかが・・・真っ暗闇なのです。

そして、人の評価が気になって立ちすくんでしまうところ。

こんなに人の評価が気になるんだぁ~って、我ながらびっくり。


これからこの先、もし、男爵たちの事を 「妄想だ!」「お前はうそつきだ!」

とののしられるようなことがあっても、自分自身にはぶれることのない

強さが欲しいなぁ。

それには、しっかりと自分を中心において物事を判断することが

たいせつなのかもなぁ~としみじみ思ったのでありました。



ふと我に返ってからは、今までどおりです。ほっとしています(笑)

それでも、得たものの大きさが非常に大きかったので

「男爵、これは後ろからのテストみたいなものだったの?」

「お前さんが知りたがっていたことの答えじゃな」

私が知りたがっていたようです(笑)

文章にするのは難しいのですが、私自身はその意味がわかる気がしています。

ご心配をおかけしてすみません。




少しでもスピをかじっている方の 

「自分が上手く拾えているかどうか信じられないんです」

っておっしゃる方の心理が少し分かったような気がします。



自分の心を中心に。


疑うよりも信じることが出来るということは、強いことですね!

関連記事
この記事のURL | スピリチュアル | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。