FC2ブログ
スピリチュアル実践
- 2008/05/05(Mon) -
ポピー



GWを利用して、久しぶりに従姉妹のお姉ちゃんに会いました。


ちょっと前までは、二人とも子連れで公園だったのですが、

子供たちも大きくなって、公園につきあってくれないようになってしまった(泣)


久しぶりの再会に話もはずみます。

「ひかりは最近どぉ?? ショップ見せてもらったけど、誰かがリーディングとか

 できるの?? 斡旋しているの??」

「ううん。私がやるの。」

「ひょえぇえ~~~

ってな話に始まりました(笑)


ゆっくりと、今までの、このブログに書いてあったことなどを話しながら散策しました。

お姉ちゃんは、まったく驚くでもなくスピ話を受け入れていきます。

びっくりしたのは 「ひかり」がそれをできることであって、スピの話には全く動じません。




私の周りって・・・どうしてかしら??



お姉ちゃんは、「リーディングってなに?? ヒーリングって何するの?」

な人なのですが、どうしてスピ話には抵抗がないのか、

お姉ちゃんの私生活の話を聞いていてわかったことがあります。

おねえちゃんの生き方そのものが、まさしくスピなのです。




それはね・・・。 生きる姿勢だと思うんです。

おねえちゃんは、旦那さんに先立たれました。

それでも、必死に、前を向いて毅然と生きています。

二人の子供を大学に出すために、仕事も掛け持ちして働いています。



人の事をうらやむようなことはいいません。



人と自分を比べたりしません。




自分のできる限りの最大限の力を出して、ただ前を見て進んでいるんです。

おねえちゃんは、決して人より強い人ではありません。

でも・・・。今この瞬間にできることを精一杯して、そして時には自分にささやかな

ご褒美をあげながら、凛として生きているんです。


そうゆう人のことをサポーターがほおっておくはずはありませんよね?

本当に必要なお金は回ってくる。

本当にピンチの時には、誰かが手を差し伸べてくれる。

それを体験しているおねえちゃんなのでした。





「ヒーリングができる♪」「リーディングができる♪」

なんてはしゃいでいる私が恥ずかしいと思ってしまいました。







お姉ちゃん、いままでの疲れが相当溜まっているみたいなので

ヒーリングをしながら、リーディングも行いました。

「後ろの人の存在って、確かに信じられる。

それがどんなひとで、どんなことを私に伝えたがっているのか、教えてもらえると、

一人じゃないってすごく心強いよ」

そう言ってくれました。




私にできることは、これくらいだけれど、スピの精神を普通に実践しているおねえちゃんのこと・・・・

すごいなぁ~~って本当に尊敬しちゃいました。


体をほぐして、心をほぐすのに役立つ、チベット体操を教えてあげることを約束して別れました。


スピリチュアルって、本当はそうやって誰にでも実践できる、特別なことではないんだよなぁ~~って。 

しみじみ思った、素敵なお休みになりました。











関連記事
この記事のURL | 日記 | ▲ top
| メイン |