スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
心に響く一枚
- 2013/09/11(Wed) -
DSC_1137 500

私の住む 埼玉県所沢市は 「となりのトトロ」の舞台でもある
狭山丘陵がある土地です。
この場所は狭山丘陵ではありませんが、似たような雰囲気でしょ? ^^

どんぐりならぬ、栗が上からポトリと落ちてきて
思わず見上げる。 そんな場所です。

子供のころからこの地に住んでいるので、土の匂い、この雰囲気は
子供の頃をほうふつさせます。
懐かしい匂いがします。踏みしめる土の感触がフカフカしています。
夏の終わりのセミがうるさいくらいに鳴いていましたが、
私が足を踏み入れるとピタッと鳴き声が止まり、しずか~~になりました。
そして思い出した気持ち。

この向こう側へ行くのがなんだか怖かった。

変な表現ですが、まるで向こう側はこの世ではない場所へとつながっているような。。。
今思うと、ちょっとワクワクする話ですが、子供の頃の私はそれをワクワクと思えないような
子供だったってことですね。 今よりも子供の頃のほうが思慮深いって。。。(汗)

そんな体験から自然に対する畏怖みたいなものを体で覚えたんでしょうねぇ。
大きな大きな楠を見上げて、あまりの大きさに怖かったのも思い出します。
怖いって、、、いうか、本当に畏怖の気持ちですよね。
畏怖って、あまりにも大きくて、畏敬の念、敬う気持ちですよね。
そんな感覚を肌で思い出す一枚です。

感覚を表現しようと思うと、「肌」とか、「念」とか、そうゆう言葉を使うんですねぇ。
これ、自分でも発見です。
やはり。。。体感は、実際に「やってみる」「触ってみる」「味わってみる」が大切ですね!
というかそれをしないと、理解する入り口にも立てないってことですね。
それをせずに理解しようとするということは、想像以外の何物でもないんでしょうね。

なんだか つれづれになってきたので、この辺で。

きょうは、私の原風景の一枚でした。(∩m∩**)


関連記事
この記事のURL | 心に響く一枚 | CM(0) | ▲ top
<<波動アップと嬉しいメール | メイン | ひとつ動くと、たくさん共振していく>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。