スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
現実が動く~~!
- 2012/09/12(Wed) -
「絶対! この時に 発表しようと思ってたんですぅ!!」

って顔は冷静を装っても、内側の爆発を感じ取れちゃうような

興奮状態で、生徒さんが切り出してくれました。


コースの中では、色々なことをテーマに 実践ワークをしっかりと

取り入れていきますが、

その中に 「苦手な人を苦手じゃなくしちゃおう!」っていうのがあります。


「なんと! 私が苦手だと思っていた人 移動になっちゃいました!!」


おおお~~ 現実が動いたねぇ♪ 

と拍手~~~☆☆




ええええ~~?? NLPでそんなことができるのぉ???


ふふふ。できるんですよぉ。



これはとても自然な流れなんです。(∩m∩**)



ちょっとやってみよう!


人は五感を通して様々な情報を受け取って、受け取ったものがどこに運ばれるのかというと

脳みそ さんです。

脳みそさんは、受け取った情報をもとに そこにラベルを貼ってくれます。


例えばこんな感じ。

9月も半ばになるのに暑い日差し、湿度の高さ、空気感。

それらを見たり、息を吸ったり、肌など五感から「情報」として受け取ります。

すると。。。

今受け取っている五感情報 = 残暑 とラベルを貼る=判断する

というプロセスを持って 答えが導かれます。

この場合は 「あ~~ 残暑だなぁ」という答えになりますね。



物事を判断するために、私たちは「潜在意識」として膨大な量の情報をストックしています。

そこに プログラムが隠されているんです。

9月も半ばになると本当は涼しくなる予定である。

この皮膚感覚の湿度はとても高いものである。

心が湿り気があって、重く、イライラする感覚

やたらと蝉の声が大きい

そうゆう状態のことを「残暑」と呼ぶ。


こんなようなプログラム

過去の経験や、知識、環境、信じていることなどを元に
脳みそが判断してくれる、そのパターンをプログラミングと呼びます。


あ~~ 今日も残暑だなぁ~。って私たちが思う奥にはこんなプロセスがあるんですね。


脳みそさんは、判断=答え が大好き♪

何にでもラベルを貼りたがります。 なので、 ラベルを貼れないことはとっても不安になってしまいます。

そんな特徴があることを覚えておいてくださいね。



このプロセスは 今この瞬間にも 私たちの中で行われています。

いま、これを読みながら あなたの脳みそさんがフル活動しています。

五感を感じ、単語や感覚、記憶やパターンを導きだし


「言っていることがよくわかる」 と答えを出してくれる人もいるでしょうし

「言っていることが さっぱりわからない」 と答えを出してくれる人もいるでしょう。(∩m∩**)



ま、そうゆうことが 日々 瞬間瞬間 繰り返されている ということを今は覚えていてくださいね。



さて、今回の場合、生徒さんは

「私はあの人が苦手である」 という答えを持っていました。

NLPでは、その答えを導き出したのには、どんな プログラム を持っているのだろう?

そのような視点からワークをしていきます。


「あの人が苦手である」 という答えを導き出すための 材料がいくつかあるということは

もう理解できますよね??

五感を通して、どんな情報を受け取ったんだろう??



どんな情報=プログラミングを持っているのかがわかれば

あとは簡単です♪

その情報の処理をするプロセスをチェンジしてみましょう。。。



先程の例で試してみると。。。


9月も半ばになると本当は涼しくなる予定である。

この皮膚感覚の湿度はとても高いものである。

 → その湿度を イメージで さらっとした高原の空気感に変えてみよう。

心が湿り気があって、重く、イライラする感覚

 → 思い出して~~ 高原のさわやかな空気。そして 軽やかなチョウチョが飛んでいくイメージだよ。

   チョウチョが軽やかに飛び回れば回るほど 自分の心も軽やかになるような感覚


やたらと蝉の声が大きい

 → 蝉の声のボリュームをゆっくりと 小さく 小さくしてみようか。

   そしてさらに その鳴き声がいつのまにか 風鈴の涼しげな音に変わっているようなイメージ


そうゆう状態のことを「残暑」と呼ぶ。



いかがですかぁ??

残暑 のイメージの変換ができたでしょうか??

このコツは 変換するためのイメージをしっかりと臨場感を持って

本当に高原でチョウチョを追いかけているような気分になることです。




こんな風にして 苦手な人に対する 自分の持つ 感覚を変換することによって

 自分自身の持つ プログラムを 変化させているんですね。

脳の持つプログラムを書き換えることは可能なのです。


プログラムを変化させたことで、苦手な人が苦手ではなくなってしまう。。。

居ても前よりも気にならない。

自分自身の中に その人に対しての「ネガティブの種」がなくなってしまうと

その人がいなくなるという現実の現象として起こってきます。


人と人は合わせ鏡 と言われたりしますが

その人の中に 対応する部分がなくなるからなのでしょうねぇ。


ひとつ 乗り越えた


と言ってもいいのではないでしょうか。


現実の動きがあると 本当に驚きますが

心のなかが変われば、現実が動くんですよね。



あなたの 持つ プログラムを 見てみることで

現実を変えることは 可能なのです。


ふふふ。

試してみたくありませんか??



色々とテーマ別にご用意しています。

NLPを使ったセッション






関連記事
この記事のURL | NLP | CM(2) | ▲ top
<<いとおしさ ドバァ!! の時間 | メイン | NLPでAHA!! 体験!>>
コメント
- -
ひかりん、これって凄いね!

マジックみたい!

さすが、ひかりんだわ
2012/09/13 13:15  | URL | Emiko #-[ 編集] |  ▲ top

- -
EMIKOさん

NLPマジックですな♪

ありがとう!!

でもね、誰にでもコツさえわかればできるんですよぉ。

それだけ み~~んな潜在能力が秘められているってことですね。

それをお伝えしています♪
2012/09/13 21:51  | URL | ひかりん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。