FC2ブログ
男爵UFOを呼ぶ の巻き 2
- 2008/03/24(Mon) -
「前回」からの続きです。


神社に移動した私たち。

首を上にしながら キョロキョロする 怪しい集団です(笑)


ひとつ・・・非常に気になる樹があります。

大きな 大きな イチョウの樹です。

頭のボワボワはものすごいことになっていて、蒸れたカツラをかぶっているような感覚です

「この イチョウの樹 気になるなぁ~~」 っておもってvesaさんに言うと

「うん・・。そうですね。私も気になります。 これアンテナみたいな役割を果たすみたいですね」

「やっぱり・・・・」

宇宙系という方々に限らず、頭が痛い・・・耳鳴りがする・・・


みんな・・・敏感だぁ~~~ (感動☆)


みんなでキョロキョロしたり、目をつぶってみたり・・・
していたら、私、宇宙船に乗れちゃったんです

いわゆる想像しやすいお釜の形の宇宙船なのですが・・・。お釜の底部分に小さな
宇宙人が数十人、働いているのが見えます。
私が意識を向けた途端、向こうは私に気がついたみたいで、一瞬みんな固まったのですが
ほんの一瞬のことで、何もなかったように動き出しました。

みていたら、また ふっと。現実に引き戻されました。

「なんか 乗っちゃったみたい。宇宙船に」

「私たちも乗せてよ~~~!!」 一斉にみんなからブーイング


どうやら上に来てくれてはいるみたいなんですが、私たちは肉眼で確認したかった。


ボワボワとエネルギーのゆがみみたいなものは見えたのですが、
結局肉眼で「これが宇宙船よ!」というものは確認できず帰ってきました。

「男爵、ぜんぜんだめじゃん!!」 

みんなからの一斉ブーイング。

(男爵。私は感じられたけど、やっぱりあれは見えるとはいえないよ)

「おかしいなぁ~~。見えるはずなんじゃが・・・」

みんなからの一斉攻撃に男爵タジタジ・・・・。(笑)

「今度は違う船を呼んでみたら??」

という提案が出たので依頼してみると

「ふむ。これは緊急出動にどのくらいの時間を要するのかの実験にもなるわい」

男爵もノリノリで応じてくれました。

「これで来なかったら、男爵じゃなくて、ボケジジィだからね!!」

皆に脅されてドキドキ

5分もかからず来てくれたんですけど・・・・結局見えなかった。


「男爵~~ 全然だめだめじゃん!!」

「ひかりさんにだけ 宇宙船乗せてずるいっ

「ただのじぃちゃんじゃ!!」

「わしはちゃんと手配したんだが~~ なんで見えんのかなぁ?」

男爵、ちょっとシュンとしています。

(あ~~。ごめんごめん。男爵。よくやってくれたよ。これから練習しようね!)

「まだ するのか・・・・」 ガックシ。男爵。



一人になった帰り道

「男爵は、宇宙から来る敵と戦っているの??」

「戦っとらんぞ? 地球に変なものを寄せ付けないように守っているだけじゃ」

「そっかぁ~~。 ただの 見回りじぃちゃんなんだねぇ~~~」

「見回りじじぃとか言うな」

って怒られた。


男爵に限らず、私たちって知らない所でたくさんのものに守られているのかも

しれませんねぇ~~。

みなさんも、時々でいいですから、後ろの存在や、守ってくれる存在に

「ありがと♪」って言ってみてくださいね♪

男爵のように、照れながらも、非常に喜ぶと思います
関連記事
この記事のURL | スピリチュアル | ▲ top
| メイン |